最新号記事抜粋

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 平成28年9月発行:第87号

仏の身体を得るグヒヤサマージュの行を毎日続けて

チベット密教の本流を日本で受け継ぐ「歴史的な」機会に

平岡宏一(清風中学校・高等学校校長)

灌頂とはパスポートのようなもので、チベットでは灌頂を受けていないと修行を始められません。密教の行、全ての中心であるとも説かれています。日本にグヒヤサマージュ(秘密集会)を含む後期密教の無上喩伽タントラは伝わりませんでした。ダライ・ラマ法王さまは、自分の行の中心はグヒヤサマージュだとはっきりとおっしゃっています。今回の秘密集会灌頂は世界初の海外で、しかも日本で開壇されるということで、歴史的な灌頂になると思います。それほど法王さまが日本に期待している表れではないかと考えます。

バックナンバー

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents