バックナンバー

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 令和1年5月発行:第103号

唯識を通して「いのち」そのものを探求する

ヨーガを実践する学派から生まれた仏教思想

横山紘一(立教大学名誉教授)

唯識とは「唯だ識のみがある」という意味で、「私」と呼ぶこの「自分」も含め全ての「もの」は心が作り出した影像である、ただ言葉の響きがあるだけと説いています。自分の外には広大な空があって、私たちはその中に住んでいると思い込んでいますが、これも心が作り出した影像に過ぎません。実際は各自の心が作り出した宇宙があって、他人は決してその中に入ることは出来ない己のみが背負っている世界にいます。この「一人一宇宙」を理解することによって、共通する一つの宇宙にいるのではなく、三人いれば三つの宇宙があるという事実に気づくことが出来ます。

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents