バックナンバー

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 平成18年11月発行:第28号

ヨーガの実践は止観の行

ー有と無を離れている・・・それが空ー

古坂紘一(大阪教育大学名誉教授)

ヨーガのことを漢訳仏典では瑜伽と書きますが、それには、四つの要素があると言っています。基本になるのが「信」で、その中で一番大事な要素が信解です。信解をもとにして、解脱とか菩提を得ようとする「欲」(意欲)が出てきます。その意欲をもとにして積極的に努力していく。この努力を「精進」と言いますね。で、精進努力を基礎にして瞑想すること、これは修習と言いますね。『瑜伽師地論』では「方便」とも言います。

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents