バックナンバー

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 平成29年7月発行:第92号

米国の大学で研究し鍼のストレス緩和効果を解明

ヨーガなど西洋医学以外の療法も学べる統合の場に

高橋徳(総合医療「クリニック徳」院長)

オキシトシンというホルモンが分泌されると、ストレスに強くなり、自律神経が調整され、内臓の動きも改善され、体の痛みも減り免疫力も高まり、幸せな気分に満たされます。オキシトシンのすごい点は他にもあり、他人を思いやる共感の気持ちによって増える唯一のホルモンでもあるのです。親切にしようという意志を持つことでオキシトシンは出やすくなります。人に優しくすれば自分も健康になれるわけで、双方のオキシトシンが上がればお互いの信頼関係や愛情が高まっていき、相乗的にオキシトシンが上がっていくのです。

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents