バックナンバー

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 平成30年3月発行:第96号

根源意識からの気づきがマインドフルネス

鍵となるのは二重構造の世界観

山下良道(鎌倉一法庵 住職)

世界的な広がりを見せるマインドフルネスですが、現在行われているものには決定的に足らないところがあります。それは我々が二重構造の存在である、という世界観です。客観的な現実が存在し、自分が生きていると思い込んでいるこの世界は、実は我々の心が作ったバーチャルなものに過ぎないのです。それは映画を見ている体験と似ています。映画の中ではなく、映画を見ている自分こそが本当の自分だと気づくことが重要です。この気づきがなければ、いくら技術を磨いても、時間を掛けて努力しても、苦しみを解決することは原理的に不可能です。

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents