心身一如のヨーガ

佐保田先生マンダラ前

日本のヨーガ界に多大な影響を与えた先駆者であり、「ヨーガ禅」の祖師である佐保田鶴治先生はインド哲学博士として学・行の両面からヨーガの研究・実践を為した希有な存在です。
そんな佐保田先生が「ヨーガ」を、敢えて「ヨーガ禅」と提唱したのは、ヨーガは単なる健康体操ではなく、瞑想を中心とした行法で、心身一如の教えであることを標榜するための理念やヨーガの本質を包括したものとして表現するためでした。
ヨーガは体操だと思っている方がたくさんいます。確かにヨーガにとって体操は非常に大切なもので、ヨーガから体操を切り離すことは出来ません。
しかし、体操はヨーガ全体からいえばまだ基礎工事の段階に過ぎず、その上へ建物を造っていくことが大切なのです。建物とは、健康に加え、精神性、宗教性の顕現というヨーガ本来の目的です。 崩れない建物を造るには堅固な土台を作り上げることが大切です。まずはヨーガ体操で土台を造り、その上へ本当のヨーガの建物を建てていかなければなりません。ヨーガは、ココロとカラダを大きな視点からとらえ、真の健康はもちろん、最終的にはココロの幸福さえも得ることが出来る、完全なる健康法であり大いなる道です。それが「ヨーガ禅」なのです。
少しの時間で結構です。毎日ヨーガを続けてみて下さい。カラダの健康が戻ってくるに従い、ココロも変わっていくのを実感するはずです。なぜなら、ココロが安定し、明朗となり、平静になっていくからです。ココロが静まると、さらにカラダの健康がレベルアップしていきます。

詳しくはこちら >>

News

Event

Contents